先週は土曜日に長野で日産イベント、日曜に広島でRed Bull Holy Rideと強行スケジュールをメイクしました。
日産のイベントは先日の広告のフィルミングで走ったリュージュのコースを一般開放するイベントです。
このコース、130km/h想定のRなので、どんだけスピードが出てもノーブレーキで曲がっていく事ができます。
普段は山の中でコーナーリング中はブレーキをコントロールしながら曲がっているので、どこまでもスピードが出る感覚にビビりましたが、、慣れるとマジで楽しい。本当に怖いけど、それが最高に楽しいです。
コースの全長1.7kmでスタートからゴールまで、ノーブレーキ。
中盤では80kmぐらい出ますが、気持ちを決め切って、コーナーに入っていく感覚は最高です。クラッシュしたらマジでヤバイことになりそうですが。。

当日は実際に新型のエクストレイルも展示され、盛り上がりました。

 長野市長、日産の役員の方も来られてました。

長野市長、日産の役員の方も来られてました。

80km/hぐらい出ると、THE PLAY LISTの文字の辺りを数秒間走れます。

 日本チャンピオンになったので、FOXから日本国旗袖ジャージをいただきました。ありがとうございます。PC NoBU

日本チャンピオンになったので、FOXから日本国旗袖ジャージをいただきました。ありがとうございます。PC NoBU

開会式のデモラン途中に蜂に頭を刺されて、偶然にも巡回で来ていた救急車に救急搬送されてしまいました。すぐに会場に戻理ましたが、ご迷惑おかけしました!

 イベントの様子が信濃毎日新聞の朝刊に。

イベントの様子が信濃毎日新聞の朝刊に。

16時にイベントを終え、すぐに広島へ。途中名古屋で運転手役の友達をピックアップして朝5時に広島に到着。
このレースは特別なレースで、市街地の階段を4人同時スタートで下り上位2名が勝ち上がりのルール。
普段のDHのコースとは全く違う路面でもあります。
今回、このレースには新型のSantacruz Nomadをチョイス。
旧モデルから大きく乗り味が変わっています。
ヘッドが寝て、トップチューブが長くなり、直進安定性が増して、ガンガン突き進んでいく様な乗り味ですね。
この尾道のコースはタイトなコーナーが多く、階段のピッチも狭くて引っかかる場所が多かったですが、このノマドのヘッド角がドンピシャでハマって、タイトなコーナーの中にある段差にも引っかからず、曲がっていける感じがとても気に入りました。
大きなギャップの時には、リアに荷重してヘッドを寝かして突き進めるイメージです。

 階段一気飛び。かなりデカイギャップです。手前がフラットコーナーなので、スキルが必要。PC Keisyou Kajihara

階段一気飛び。かなりデカイギャップです。手前がフラットコーナーなので、スキルが必要。PC Keisyou Kajihara

でかいジャンプって飛ぶ時に全て覚悟して踏み切る感じが好きです。めちゃくちゃ怖いけど。
この階段ジャンプを上から飛んだのは僕と勇気だけ!
飛ばなくても、タイム一緒とか、リスク少ないと言う意見が多分正解ですが、飛んだ方がかっこいいし、男っぽい。
予選ではこのジャンプの着地でパンクして、30位のギリギリ通過でしたが!(笑

 受け身を取らずに叩きつけられることを冷凍マグロって言ったりします。PC @akirashimo230f

受け身を取らずに叩きつけられることを冷凍マグロって言ったりします。PC @akirashimo230f

決勝ヒートは予選を30位で通過しているので、ゲートの選択権が一番最後なので、一番不利なゲートからスタート。
スタート直後の他の3人の集団クラッシュもあり、一位で1コーナに進入。
その後、ゴールまで一人旅かと思って油断して自爆クラッシュ。このクラッシュでステムが曲がり、ハンドルが斜めの方向に。
ハンドルが斜めでも、タイヤが直進方向を常に意識して走行しましたが、後続に追いつかれ2位の選手のアタックもうまく交わしたけど、階段のギャップを超える際にハンドルを真っ直ぐにしてしまい、前輪が切れ込んでWasted.
ここで2017年ホーリーライドが終了しました。

調子が良かっただけに残念ですし、もっとレースを楽しみたかったですが、また次回ですね。
週末から世界選手権の為、オーストラリアにいくので、今週は体調に気をつけ過ごしたいと思います。