Web、ブログスタートしました!

レース、自転車関係の事をアップしていきます。

よろしくお願いします。

本題ですが、6月8日からヨーロッパトリップに出ています。

なぜ、このトリップを始めたか。単純に、良いコースでブリブリ乗りたかったからです。

6月から約1月のトリップで、3戦ワールドカップとクランクワークスに出場できますし、ヨーロッパ各所にバイクパークがあるのも理由です。

飛行機も、エアチャイナで6万円台。 

エアチャイナ、響は良くないですが、23キロの荷物を2個持って行けるので、自転車トリップ的には良いです 。

箱の大きさもあまり関係なく、重量が23キロ以内なら多少大きくてもオーバーチャージ無しで引き受けてくれます。この辺は担当の人によって違うと思いますが。 

この値段なら、8月にウィスラーに行くよりもお得感があります。航空券は安い、滞在費もスイス以外は安いし、一箇所だけでなく、数多くのバイクパークを回ることができます。食べ物も美味しいですし。

そんな旅ですが、今回のメンバーは九島サンタ、最近知り合ったNZに住んでた謎の日本人、小野健次浪の3人で予定を組みました。九島勇気はワールドカップ#2イギリスから参戦しているので、カナダ人と別行動をしています。

まず、羽田を夜に出発。中国で乗り換えて、朝の5時にミュンヘン着。

しっかり寝れたので、時差ボケもなく快適に行動を開始できました。

空港からバンのタクシーに乗って、ミュンヘン市内のレンタカー会社で車を借りて、いざ出発。このレンタル会社、バンが安いです。他のライダーもこの会社で車を借りてることが多いです。

バイクボックス3個と荷物を載せてレンタカー会社へ。バンのタクシー多かったです。

バイクボックス3個と荷物を載せてレンタカー会社へ。バンのタクシー多かったです。

Ibecoのバン。もちろんディーゼル。快適に走ってくれます。

初めて聞いた名前ですが、調べると、イタリアの商用車、トラック、産業用ディーゼルエンジンを作っている会社だそうです。

荷室は立てるし、広すぎて逆に、荷物をどう置いていいかわからない。。ですが、この広さが後にキャンプ生活で重宝しました。

Leogangに行く前に、大好きインターネットを設定。

今回は、事前にアマゾンでイギリスの通信会社の12G 4980円のシムを購入して来ました。これを自分のSIMフリーのIphoneに挿して、完了。

これ、世界42各国で使えるので、めちゃくちゃ便利です。僕は自分の携帯がインターネットに繋がっていないと、不安になるので、強い味方です。

Leogangに到着。ここは3年前に来たことがりますが、やっぱり美しい場所です。

ミュンヘンから2時間ちょっとですが、アルプスに挟まれた小さなスキーリゾートです。ビレッジ街から出るゴンドラで山頂に向かいます。

 

ここ2シーズンぐらい、ワールドカップに出ておらず、正直不安もありましたが、楽しめました。予選は通過できませんでしたが。

ここレオガングのコースはタイム差が少なく、少しのミスで順位が下がります。今回はこのプレッシャーから気持ちよく攻めきれなかったのも原因だったと思います。

バイクのセッティングも全く日本と違うので、セッティングの変更に時間がかかりました。

 

バイクはSantacruz V10です。最近前後サスペンションをコイルにしました。初期のフィーリングが良くて、地面の細かい凹凸が感じられます。

少し重量は増えますが、コイルショック、オススメです。セッティングも奥が深くて、ハンドル位置数ミリでもかなりフィーリングが変わります。この辺の話はまた後日紹介出来ればと思います。

 

レースのスタート地点はゴンドラの中間駅ですが、中間駅過ぎ、山頂で下車。こんな感じで最高の景色です。土質も良く、グリップしますね。

バイクパークとしては、後に行くモルジン、アンドラの方が良かったですね。土質が良いし、いい景色なので良しとします。