Santacruz V10 29er

今年使用するDHバイクが組み上がりました。

Santacruz V10 29erです。

ジオメトリーだけを見るとV10 29er のMサイズは旧27.5インチのV10 Lサイズよりも大きいのですが、ホイールサイズも変わってるし、そもそも29erなので大きめで乗る様な感じもあるし、正直比較出来ないですね。

サイズ選択は非常に迷い、今はMサイズに乗っています。

public.jpeg

この写真はLサイズのフレームです。

リアバックは各サイズ共通でフロント三角でサイズを調整しています。

public.jpeg

いい色してます。

public.jpeg
public.jpeg

フロントフォークは2020年モデルのBoxxer Ultimateです。

赤いボディにポリッシュステッカーがいいスネ。

アクスル部分のフォークのリーチは56mmとなっています。

public.jpeg

ホイールはSantacruz のReserve DH、ギア周りはSRAM XODHで完璧な組み合わせです。

public.jpeg

ハブはChris king

public.jpeg

新しいBoxxerはHighとLowのコンプレッション調整も付き、調整の幅も広がっています。

今年も最高のバイクが仕上がりました。

ありがとうございます!

今週末は年に一度の全日本選手権です。2017-2018と2連勝しているので、3連覇目指して頑張ります。

2019年開幕戦

今シーズン初のCJ戦に参戦してきました。

毎年開催されるGWの箱間山やアジア選手権がスケジュールずれて、少し遅い開幕戦となりました。

レース前日に会場入り。 ピックアップしたてのNew Bikeのセットアップとコース攻略で忙しい公式練習でした。

 

IMAGE.JPG

 レースは全国各地に住んでる仲間が揃う機会でもあるので、それが一番楽しい。今年はゼッケン1!

IMAGE.JPG

 いつも最高の機材を提供頂いているSantacruz bikes

ブースもセットアップバッチリです。 

IMAGE.JPG

 レース当日の朝の試走でパンク、、しかもスタート地点に行く道中で(笑

ですが、Peaty’s sealantsealantがしっかり仕事してパンク穴を塞いでくれました。

PC : Hiroyuki Nakagawa

PC : Hiroyuki Nakagawa

 Santacruz V10 29er 正直、乗り慣れてはいないバイクですが、既に戦闘力の高さを感じます。

29インチのDHバイクの感想は一言で言うと「楽」 

これが直接タイムに響くのか分かりませんが、体力は温存できるので、余った体力をペダリングや集中力に使う事が出来ると考えると有利ですね。 あと、グリップもめちゃくちゃします。

PC : Hiroyuki Nakagawa

PC : Hiroyuki Nakagawa

 予選は2位通過、決勝のスタートは予選30位からのリバーススタートなので、自分の出走は最後から2番目。

決勝のスタート時間と同じタイミングで降り出した雨は、最後の15人程の時には強雨に。。

自分の出走の頃には路面が濡れてビショビショに。 

諦めてもしょうがないので、ここはしっかり走る決意をしてスタート台に。 

案の定路面コンディションは悪く、グリップが失われていましたが、攻めきって、転けずにゴール。 

奇跡のタイム更新で優勝できました(笑

今年からOakley使ってます。

今年からOakley使ってます。

最後のティアオフをゴール直前で剥がしてるの図。

スタート地点に上がる時は雨は降っておらず、一応念の為ティアオフをゴーグルに装着してスタートに上がったのですが、これが大正解。 

2分20秒のレースランで4回も剥がしました。 

付けて良かった。。 

IMG_5302.JPG

 という事で無事優勝、2017年の全日本富士見から富士見戦5連勝!

IMAGE.JPG

 かわいい。

 

IMAGE.JPG

2位の太郎君と 

次は7月の全日本です。気を引き締めて頑張ります〜。

2019シーズン用のエンデューロバイクを組みました。

今年のエンデューロバイク、Santacruz Bicycles のBronsonを組みました。
フレームは27.5インチのSantacruz Bronson Mサイズ、コンポネートはSRAMでバチバチに仕上がっております。
昨年は29インチに乗っていたのですが、今年は27.5インチに戻しました。
29インチは走破性も高く、グリップもして速いのですが、27.5インチの方が取り回し易くて遊べるので楽しいですね。

昨年はLサイズに乗っていましたが、今年はMにしました。
少し小さくて、コーナーでバイクをねじ伏せれる感じが気に入っています。
コンポネートはSRAM、サスペンションはRockShoxです。
新しい電動シフトシステム” Eagle AXS” も当たり前に快適で凄いのですが、新しいLyrikがめちゃくちゃ良くなっています。
LowとHighのコンプレッションの調整機能も付き、動きが格段に良くなっています!


フレーム : Santacruz Bronson CC Mサイズ
フォーク : Rock Shox Lyrik 27.5 160mm
ヘッドパーツ : Cane Creek
ハンドルバー : Truvativ Descendant DH bar
ステム : Truvativ Descendant Stem 35 50mm
サドル: SDG Circuit MTN
シートポスト : SRAM E-Reverb 31.6φ 150mm
クランク : SRAM XO1 AXE
BB : SRAM Dub English
チェーン : SRAM
ペダル : Crank Brothers Stump7
シフトレバー : SRAM Eagle AXE
ブレーキ : SRAM G2
カセットスプロケット : SRAM Eagle XO1 AXE 10T- 50T

かっこいいい。。。

かっこいいい。。。

新しく発売されたSram G2 ブレーキ。新しいパッドコンパウンド採用でコントロールし易いです。

新しく発売されたSram G2 ブレーキ。新しいパッドコンパウンド採用でコントロールし易いです。

オイルフィニッシュのチェーンが渋すぎる。

オイルフィニッシュのチェーンが渋すぎる。

ワイヤレス電動ディレイラー。バイクを組むときはこれを付けるだけ。めんどなワイヤー類の取り回しなんてありません。ゲームチェンジャー。

ワイヤレス電動ディレイラー。バイクを組むときはこれを付けるだけ。めんどなワイヤー類の取り回しなんてありません。ゲームチェンジャー。

電動コンポで話題が持って行かれてる感がありますが、今年はフォークもかなり変わりました。動きがこの上なくしっとりしています。

電動コンポで話題が持って行かれてる感がありますが、今年はフォークもかなり変わりました。動きがこの上なくしっとりしています。

Crank BrothersのStamp 7ペダル。フラットペダル楽しいです。

Crank BrothersのStamp 7ペダル。フラットペダル楽しいです。

IMG_4363.JPG
ディレイラーの電池は車のUSBチャージャーやモバイルバッテリーでも充電できます。

ディレイラーの電池は車のUSBチャージャーやモバイルバッテリーでも充電できます。

Ninjya TV

最近ちょっとづつですが、Ninjya TV動画をUPしています。

NinjyaTVとはなんぞやと思う方もいると思いますが、MTBライダーの九島サンタ九島勇気井本はじめのビデオチャンネルです。
一応かれこれ8年?は地味に続いております。

特に深い意味もなく、日頃のライディングの映像をアップしています。

みんなで楽しく自転車に乗って美味しいビールを飲みながらキャンプする緩い集団です。
固い考えは捨てて、温かく見守ってください。
新しいステッカーも作って、今後は色々グッズ増える予定です!乞うご期待。


FaceBook Page https://www.youtube.com/user/gbgbc417

You Tube https://www.youtube.com/user/gbgbc417/videos

Vimeo https://vimeo.com/user5745765

Web https://ninjyatv.stores.jp/items/5b4b1771a6e6ee18e0000c1c?fbclid=IwAR0yn_f0N4WXDa1M6vdj5hJY2vZ0BgH33zIJReFC638xjyPh4wSqspBUcco

611D1992-0EBD-46B9-B675-B53ED93B1FBE.JPG

全日本選手権

 年に一度の日本一を決める大会、全日本選手権が終わりました。

結果から言うと、日本一になれました!!
昨年、初めての全日本選手権優勝を経験し、まさかの二年連続の優勝となりました。
会場は長野県の富士見パノラマ。このコースはタイム差も付きにくく、ワンミスで順位が大きく落ちてしまいます。
会場には木曜日の朝入り。標高1000mを超える富士見でも朝から気温がぐんぐんあがり、日中は36度以上になり、暑すぎて終始グロッキー状態でした。

レースはというと、前日のタイムドセッションから上手く乗れていた感じはあったのですが、暑さで思うように体が動かず、いつもより疲れが溜まっていました。

IMG_0948.JPG

予選はラインの最終確認も含め、少し流して走って5位で通過。

写真はコース後半のテクニカルなインライン。 

IMG_0922.JPG

PC Hiroyuki Nakagawa

予選トップとのタイム差もあり、決勝は攻め切らないと勝てないと思っていたのですが、その思いが裏目に出たのか後半でイン側のラインに入り損ねるミス。 

ゴール後は暫定1位でホットはしたものの、絶対に後続の選手にタイムを更新されるなと思いましたが、最終走者まで更新される事なく、優勝が確定! マジで嬉しかったです!! 
いつも応援頂いているスポンサー様、小川輪業さんありがとうございます。 
 

引き続き頑張っていきますので、応援よろしくお願いします! 

IMG_0916.JPG
IMG_0946.JPG